2007年06月20日

またまた出ました!ミートホープ社

もう、どうしようもない経営者ですね!

同じ経営者として腹が立ちますね!

食肉製造加工会社「ミートホープ」

代表取締役  田中  稔 殿


嘘のカタマリのくそ社長です。(食品の話で汚い言葉ですいません)


会見のときの息子の方がよっぽどましで、早く代表権を譲って引退しておけば、息子が改善していたかもしれませんよね。



ここまで来てしまうともう改善の話でなく、いかに会社を綺麗に
たたんで清算するかになって行かざるを得ないと思います。

従業員、パートの方には申し訳ないですが。



個人的には少しキツイ言い方ですが、従業員、パートの方々にも
責任の一端は在ります!

職を失う恐れはありますが、いや恐らく解雇されるでしょうが、
皆でできる所まで一致して社長に進言すべきでした。


事情は良く理解できます、内部告発をするような環境ではなかったかも知れません。
北海道苫小牧という地域的な環境もあるでしょうね。


一度職を失うとなかなか再就職が難しいという地域だと思います。
大阪にいる52歳の私でも、一年前に失職しましたが、
なかなか定職にはつけません。(今はつくつもりはありませんが)


知人のツテでやっと2社は話がありましたが、派遣会社に登録しても毎日は仕事の依頼はありません。現実はかなり厳しいです。




話が反れましたが、この「食の安全」というブログを書き始めて
間もない事件でしたので、「やっぱり!」というのが本音ですね。


この「ミートホープ社」事件も、もちろんウォッチングして行かないといけませんし、添加物の話も続けないといけないし、この事件で
取り上げて行こうと思ってた、非常に重要な件



「中国の食品の安全性」についてもできるだけ早く取り組んで行きたいと思っています。
なぜなら日本国内には「中国製食品」が溢れてます!



とりあえずこの「ミートホープ社」事件を中心にた他の問題にリンク
して行きたいと思っています。
posted by 安全な食品の情報提供 at 11:27| メルマガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月04日

原材料の表示ー3

 前回の続きです。

 その前に昨日の朝食は、袋入りカップラーメンでした。
なぜカップラーメンだったかと言うと
 この食品添加物の話に持ってこいだ! と思いついたからでした。


 そのインスタントラーメンの原材料表示については後ほどね。


 さて前回の「ミックスハム野菜サンド」の原材料表示の仔細に
 ついて、食品素材を省いて復習をしてみたいと思います。

 【食品添加物】

 イーストフード・・・イースト菌の成長のささえになってます。
           一般的には塩化マグネシウム、炭酸カリウム
           など無機塩類が使われています。

 pH調整剤・・・・・クエン酸などを若干酸性気味にすることで
           微生物の発生を抑えて日持ちをさせてる。

 グリシン・・・・・・アミノ酸の一種、酸味のエグ味をとる。
           日持ちを向上させる役目もあり、保存料の 
           変わりに使われることが多い。

 香料・・・・・・・・バターの香りとマスタードの香りが
           辛子マーガリンに使われています。

 リン酸塩・・・・・・ハムの結着材に使われます。

 増粘多糖類・・・・・粘り気を保つ、ドッレシング用です。

 ミョウバン・・・・・野菜の鮮度保持のために使われる。
           シャキシャキ感が出て、退色しにくくなる。
           レタス、きゅうり用です。

 コチニール色素・・・ハムの着色に使用。なんとサボテンに寄生
           するエンジムシで作ってます!皆さんが
           飲んでるカンパリーリキュールにもこの
           色素で赤くしていますよ。

 酵素・・・・・・・・卵白から取り出した酵素でリゾチームと呼ば
           れてます。日持ちをさせる役目です。
           生卵がゆで卵より日持ちするのはこのおかげ
           ですよ。

 クチナシ色素・・・・黄色系。辛子マーガリン用
 
 発色剤・・・・・・・ハムの色味を良くする。

 酸化防止剤・・・・・発色剤の効果を良くする為に使われる。
           発色剤は発ガン性のある物質を生成する
           可能性がありますが、ビタミンCひはそれを
           抑える作用があります。
           ここでビタミンCが出てきましたね。

 V.C・・・・・・・・まさにビタミンCのことですね!。イースト菌
           の餌になってます。

 調味料・・・・・・ 化学調味料、例のグルタミサンで有名な
           味の素と同じですね。


 中にはよく耳にするのもありますが、まったく聞いたこともない
 のもありますよね。
 
 コンビニの商品開発の人に聞きましたが、商品一品の原材料や
 調理方法などの、いわゆる「レシピ」と言うのはA4サイズで
 1cmにもなるらしいですよ。

 各食品加工業者は、食材一つごとに、どこで調達して、どうやって
 調理して、どんな食品添加物が使われたかを細かく書いて報告して
 います。そう言う点では安心できますね。

 


           
 


 
posted by 安全な食品の情報提供 at 08:12| メルマガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月03日

原材料の表示ー2

 残念ながら「食品添加物」 には良いイメージがないんですよね。
 その割には私たちが毎日、口にしている食品には大概入ってますよ ねそしてさらに残念なのは、気にはなるけど気遣いはしてない。


 ここであるコンビニの「ミックスハム野菜サンド」の裏に貼って
 ある食品の表示について検証してみましょう。

 まず、「保存料、合成着色料は使用してません」
 の表示があります。

 ところで【保存料とは?】
 
 人工的に作られた化学合成物質で、細菌の増殖を抑えて
 食品の保存に用いられます。 例えばソルビン剤カリウム


 【表示内容】

  原材料名・・・パン  ハム  レタス  ゆで卵  トマト
         キュウーリ  シーザーソース  マヨネーズ
         卵サラダ  辛子マーガリン  
         辛子ドレッシング

         ここまでが素材表示ですね、続けて添加物

         イーストフード  
         pH調整剤
         グリシン
         香料
         リン酸塩
         増粘多糖類
         ミョウバン
         コチニール色素
         酵素
         クチナシ色素
         発色剤(亜硝酸Na)
         酸化防止剤(V.C)
         V.C
         調味料(アミノ酸)


 以上でした!
         
 なんと「ミックスハム野菜サンド」には14種類の
 食品添加物が使用されていました。
 

 この表示方法には規則があるようで覚えておいて下さいね。

 まず最初の方に 食品素材(食材)が表示されます。
 その後に食品添加物が続きます。

 そして食品素材も食品素材も食品添加物もそれぞれの分量の
 多い順番に表示されますよ。


 次回使用されてる食品添加物のそれぞれの役割について
 簡単に説明しますね。

 今から昼食なんですが、今日は何を作ろうかな?
 
 昨日は和風スパゲティでした。
 中身はもちろんスパゲティで、後は豚肉、たまねぎスライス、
 ピーマンのスライス、人参の千切り、にんにくスライス、
 味付けはあっさりと塩、胡椒に味付けは少々の醤油でした。

 これに昨日作ったポテトサラダでした。
 (田舎から大量にジャガイモ送ってきたので毎日ジャガイモを
 使った料理です!ふらふら
          

 
posted by 安全な食品の情報提供 at 10:52| メルマガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。